オーガニックルイボスティーと非オーガニックティー?違いはなんでしょう?

オーガニックルイボスティーと非オーガニックティー?違いはなんでしょう?

もはや、お茶のみならず世界中で積極的に好まれているオーガニック製品。どうせ飲むならオーガニックで。誰もがそう思う事は極々自然な事です。しかし、実際オーガニックの何が違うのでしょうか?今回は、オーガニックティーの秘密に迫ってみました。

~農薬が違う~

認定オーガニックティーには合成肥料、除草剤、農薬などは一切含まれていません。よって、有機茶農業は、伝統、化学と共有しつつ利益をもたらし、生態学的プロセス、生物の多様性および地域や環境への配慮により、人々の良質な生活を促進します。

また、認定を受けていない合成農薬を使用したお茶は、先天性欠損、神経系への損傷を含む、人々に重大な認識された健康リスクをもたらすことが知られています。ホルモンおよび内分泌系の破壊、呼吸障害、皮膚及び眼の刺激;および様々なタイプの癌が含まれるといわれ、除草剤はまた、特定の癌およびパーキンソン病と関連しているともいわれています。

政府や殺虫剤産業の間では、問題ないとされていても、新しい研究では、合成殺虫剤の人体の健康と環境に対する毒性が示されている現実があります。

~味が違う~

オーガニックティーの栽培者は、より自然なプロセスを使用して持続可能な収量を作り出しています。これにより、茶の風味にも反映され、より良い栄養成分を持つことができます。自然な調和を保つ事で作られたお茶は当然自然な味わいを持ちます。また、合成化学物質が付いたまま乾燥させる非オーガニックティーは、生産過程は短縮され量産が可能ですが、決してお茶の品質にプラスな影響を与えるとは思えません。

~環境への配慮が違う~

農作物の生産には環境の配慮もとても重要となってきます。合成農薬や肥料に依存しない有機茶栽培は、緑肥や堆肥化などの手法を用いて、以前の作物によって土壌から採取された栄養素を置き換えるために、有機物の自然分解に大きく依存しています。菌類などの微生物によって引き起こされるこの生物学的プロセスは、生育期を通して土壌中の天然栄養素の生産を可能にし、植物に栄養を供給するための土壌を生成するのです。

それに比べ、合成肥料は環境汚染に大きな役割を果たします。土壌に施用された肥料に含まれる比較的少量の窒素は、実際に植物に吸収され、残りは水路に流れ藻を発生させます。成長した藻は、水分を枯渇させ、魚や他の水生生物を窒息させる。流出した窒素もまた地下水に浸出し、飲料水を汚染し、広範な健康被害を引き起こします。

あきらかに差が出ているのが分かるオーガニックと非オーガニック製品。あなたならどちらを選ぶ?

 

 

コストコとAmazonからご購入いただけます

ロイヤルT ルイボスティー 160パック(40パック100gx4箱)