ルイボスティーも抹茶スタンダード!ヨーロッパ各地のスターバックスでルイボスラテを販売!

スターバックスルイボスラテとスターバックス赤リンゴルイボスラ

世界各地に2万を超える店舗を展開し、コーヒーチェーンショップとして認知度世界一といっても過言ではないスターバックスコーヒー。日本でもほとんどの都市で見る事が出来ますね。

スターバックスといえば、定番のコーヒーやカフェラテのみならずソイラテや抹茶ラテティーなど、コーヒーを原材料としない飲み物も取り扱い、特に日本の代名詞でもある抹茶とミルクを合わせた抹茶ラテティーは定番人気メニューとして世界中で楽しまれています。抹茶はもはや1つのブランドとして認知されていますよね。

そんな中、スターバックは、ヨーロッパとイギリスの店舗にてスターバックスルイボスラテとスターバックス赤リンゴルイボスラテ(Starbucks Rooibos LatteとStarbucks Red Apple Rooibos Latte)の販売を開始しました。

茶葉から風味を抽出するためルイボスの葉は細かく粉砕されミルクとの絶妙な調和を生み出しています。このメニューはスターバックスのお茶の専門家によって3年もかけて研究され生み出されたようです。もう3年以上も前から注目されていたのですね。

特に、このリンゴルイボスラテは春のみの期間限定で、リンゴのシロップと花粉が含まれており、バニラや蜂蜜のような香りでわずかに甘くフルーティーな味わいだそう。想像しただけでも美味しそうです。

大手スターバックスでメニューの仲間入りしたルイボスティー。さまざまな健康効果があるだけではなく、味わいも確かなこのお茶には、まだまだ多くの可能性が秘められています。日本の抹茶のように南アフリカのルイボスティーとして世界中で親しまれ始めているこのルイボスラテを日本のスターバックスでも飲める日は近い?

 

レデュチーノ ルイボスティーカプセル

コストコとオンラインストアからご購入いただけます

Healthwise Store | Rakuten | Amazon